vio脱毛が痛くないハイパースキン脱毛

ディオーネのvライン脱毛は痛くないハイパースキン脱毛。

vio脱毛は痛い。特にiラインが痛い。これは常識になっています。

脱毛サロンの光脱毛にしろ、美容外科の医療レーザー脱毛にしろ、vライン脱毛は痛いものです。
最近では痛みを軽減して脱毛できるように工夫されてきていますが、無痛と言う事はなくやっぱり痛いです。

デリケートゾーンを綺麗に脱毛したいけど、痛いのは嫌だな~という方も多いと思います。

ハイパースキン脱毛に通う回数と間隔は?

脱毛法といえば、メラニン色素に反応させることで毛根にダメージを与えるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛、毛穴に針を挿入して電気の力で処理を行うニードル脱毛が主に知られていますが、近年それらとは一線を画す方式として注目されているのが、ハイパースキン脱毛です。

この脱毛法の最大の特徴は、今生えている毛にはアプローチしないという点にあります。

従来の脱毛法は、現在生えている毛の毛根にダメージを与えて処理するもので、熱のエネルギーを利用するという原理上どうしてもそれによるリスクがありました。
しかし、ハイパースキン脱毛は従来の方法とは異なり毛周期の休止期にアプローチを行い、発毛因子を消滅させることを目的としています。

この処理は、成長期のムダ毛にアプローチするような高熱のエネルギーを必要としない為、痛みや肌への負担がなく、デリケートな人はもちろん子供脱毛にも最適です。

ハイパースキン脱毛の効果が実感できる回数に関しては従来の脱毛法と大きな違いが無い為、通う回数はほぼ同じとなっていますが、成長期に合わせて2ヶ月に1回程度しか施術を行えないこれまでの方式と違い、1ヶ月に1回の間隔で行うことができるので、期間が大幅に短縮できる点も大きなメリットです。

ハイパースキン脱毛はこんな人にオススメ

ハイパースキン脱毛をやってみたいけど、自分に向いてるだろうか?

こんな風に思われた方もおられるかもしれません。
ハイパースキン脱毛はとても画期的な脱毛法で人気がありますが、次のような方にオススメすることができます。

つまり、脱毛はしたいけど痛みを感じるのは嫌という方です。
人によっては、脱毛できない理由が施術の痛みにあるという人もいます。

施術で痛くなければ脱毛するけど、痛みがあるから脱毛を挫折するという人もいるのです。
ハイパースキン脱毛は、まさにこのような方にオススメの脱毛法です。
というのも、ハイパースキン脱毛なら施術で痛みを感じることがないからです。

従来の脱毛法では高温熱処理が採用されていました。
この高温熱処理は、処理能力には優れているものの痛みを伴うというのがネックでした。

そのために脱毛を諦めてしまう人も多かったわけですが、ハイパースキンはその点を解消しています。
どういうことかといえば、処理において、特殊な波長の光を使った“光脱毛”を採用しているのです。

この方法なら痛みを感じることはなく、また熱さを感じることもありません。
心地いい感覚の中で、不快感や苦痛なく処理を行うことができるので、大人はもちろんのこと、子供でも受けやすい脱毛法といえるでしょう。

ハイパースキン脱毛は子供にもOK?

ハイパースキン脱毛は子供にもできるのだろうか?

こんな風に思った方もおられるかもしれません。
そういう方に適切な回答を行うとすれば、大丈夫であるということです。

つまり、ハイパースキン脱毛は子供にもできるということです。
それどころかむしろ、ハイパースキン脱毛は子供向きの方法であるといっていいでしょう。

というのは、ハイパースキンの仕組みというのは、今生えている毛には一切何も行わず、抜けたばかりの毛穴、もしくは発毛期状態の毛穴だけに影響を与えるものだからです。

すでに生えている毛を無理やり抜くというのではなく、まだ生えていない毛穴を処理することで、毛が生えてこないようにするのです。

それがハイパースキンの仕組みです。
したがって皮膚への負担が少なく、なおかつ根本的な処理を行うことができます。
なお、ハイパースキン法のいいところは、高温熱処理を行わないことです。

従来の脱毛法といえば高温熱処理が圧倒的に多く、そのため施術では痛みや熱さを伴うのが当たり前でした。

それが苦痛で挫折する人もいたほどで、必ずしも理想的な脱毛法とはいえませんでした。

しかしハイパースキン法は、高温熱処理は行わず、特殊な波長の光を使用する光脱毛なので、痛みや熱さがなく、とても心地よく脱毛ができるのです。
この点もメリットに加えることができるでしょう。

レーザー脱毛とハイパースキン脱毛の違い

毛深いなどの悩みを持っている人で、脱毛を考えている人は多くいることでしょう。

そう言った人の多くはエステサロンなどで行われるレーザー脱毛を行おうと考えているでしょうが、脱毛にはそれ以外にもハイパースキン脱毛という方法があります。
ハイパースキン脱毛とレーザー脱毛の違いは様々ありますが、まず脱毛に対するアプローチが違います。

レーザーを使う脱毛の場合、熱を使って発毛指令を出している細胞にダメージを与え、発毛を抑制する方法をとります。
これに対してハイパースキン脱毛は、特殊な光を照射して発毛因子の細胞分裂を減退させ、毛の成長を抑制する方法をとります。

また、レーザー脱毛は熱で処理する性質上痛みを伴いますが、この脱毛法は熱を発生させない方法を使うので痛みなく、肌への負担も軽く火傷などのトラブルの心配もありません。

更に肌が弱くても行うことが出来る脱毛法なので、アトピーなどの病気や乾燥肌などが原因でレーザーを使った脱毛が出来なかった人でも、この方法ならば問題なく行うことが出来ます。

しかし、ハイパースキン脱毛は施術の完了に時間がかかるという欠点があります。
早急に脱毛を完了したいと考えている人には向きませんが、肌に問題を抱えていたり負担をかけたくないと思っている人に向いている脱毛法です。

肌トラブルで諦めていた人にオススメのハイパースキン脱毛

敏感肌の方や、過去に脱毛をしたことによって発生した痛みに耐えがたかった方、脱毛によって発生してしまった黒ずみなどを解消したい方など、肌トラブルで諦めていた人にオススメできるのがハイパースキン脱毛です。

ハイパースキン脱毛は、従来の電気針脱毛やレーザー脱毛、フラッシュ脱毛などと違い、特殊な光を発生させて、脱毛したい部分に照射することにより毛が生えにくくし、徐々にムダ毛の発生する速度を遅くしていきます。

熱が発生する従来の方法と違って、火傷の心配もありませんし、痛みなどを伴う事がありません。

肌へのダメージがとても小さく、お子様でも安心して脱毛をすることができます。ハイパースキン脱毛をすることによって、お肌へのダメージが無くムダ毛を処理することができるので、女性としての自信を持つことができるようになります。

ハイパースキン脱毛の特徴としては、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛と違って、顔に生えてきてしまうムダ毛も広範囲にわたって脱毛できるのが特徴です。お肌にとって安全な脱毛方法の為、お顔のケアにも使う事ができます。初めて脱毛を行う方でも安心して安全に処置を行う事が出来ます。お肌のトラブルで悩んでいる方に特におすすめです。

敏感肌でもハイパースキン脱毛が出来るワケ

ハイパースキン脱毛は、敏感肌の方でも安心して受けられると評判ですが、その理由は従来の脱毛サロンの脱毛方法と一線を画した画期的な脱毛方法にあります。

現在、多くの脱毛サロンで提供されているフラッシュ脱毛(光脱毛)は、今生えているムダ毛の毛根に光を照射することで熱を発生させて毛根を破壊する施術です。このため、どんなに安全に配慮していても施術時に痛みが生じますし、熱による炎症ややけどのリスクもゼロではないので、肌が敏感な方の場合、肌トラブルによって施術の継続が困難になるケースも少なくないようです。

これに対して、ハイパースキン脱毛は、ムダ毛の生えてくる前のムダ毛の「種」の状態ともいえる「休止期」の小さな毛根に働きかける特殊な光を肌に照射することで、発毛に必要な細胞分裂を停止させ、自然にムダ毛を減らしていく脱毛方法なので、現在生えている元気なムダ毛を脱毛するときのように毛根に高熱を発生させる必要はありません。
このため、肌への刺激はほとんどなく、肌に痛みや炎症を起こさせるリスクもないので、敏感肌でお悩みの方でも安心して施術を受けられるというわけです。

また、ハイパースキン脱毛の施術で照射する光には、肌の内部の細胞に働きかけてコラーゲンの生成を助ける作用があり、肌の新陳代謝を促進してハリと潤いのある肌をつくる効果も期待できるので、敏感肌の解消にも効果的といえます。

ニキビ肌でもハイパースキン脱毛出来る?

ハイパースキン脱毛は、ニキビ肌に対しても実施が可能です。

従来のレーザー脱毛は、毛髪に照射を行い、毛の組織そのものを破壊します。その際に、毛髪だけにスポットをあてて施術することは技術的に難しさが伴うことから、周辺の皮膚に対して多少のダメージを与えてしまうことは避けられません。

健丈者の肌であっても、照射によっては赤みや低温やけどなどを起こすこともありますので、ましてや肌質に弱さがある場合や敏感肌、アレルギー肌、更にはニキビ肌といった、肌トラブルを抱えている場合には不向きとされていました。

これに対して、ハイパースキン脱毛の場合は、毛髪に対しての施術ではなく、毛髪が生えていない、または生え始める前の毛穴などの部位に施すものになります。毛周期の中で、自然脱毛がおこなわれたあとの肌に対する照射になりますので、それぞれの肌の状態に応じた照射をおこなうことができます。

ニキビ肌であれば、ニキビを避けながら照射することになりますので、肌を傷めることなく無理のない形で処理をおこなうことができます。また、表面上に皮脂が出過ぎている状態や、乾燥が強い場合もあります。このような肌質に対しても、それらを悪化させることがありません。

ハイパースキン脱毛が痛くないのは何故?

ハイパースキン脱毛とは、従来の脱毛法である、ニードルやレーザー、フラッシュとはまったく違う方法で脱毛するもので毛周期のサイクルによって自然に毛が抜けて毛が生える準備段階にある毛の発毛因子にアプローチすることで、毛が成長しないようにするという方法です。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、黒い色素に反応する光を肌に照射し、毛を再生させる組織である毛乳頭などを熱によって破壊して毛を抜くという仕組みです。光を照射すると、肌の中で反応し、60度以上の熱が発生します。この熱によって痛みが発生したり、肌へ刺激を与えるため、肌トラブルが起こりやすくなるというデメリットがありました。
しかし、ハイパースキン脱毛は、発毛予防理論に基づいており、人間の体温と同じくらいの38度ほどの熱を与えることで発毛因子を消滅させるため、 照射の際も温かさしか感じず痛くないのです。

熱さや熱を感じることがないため、肌が刺激を受けることがないので、やけどや赤み、埋没毛などの肌トラブルが起こる可能性もほとんどなく、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の人や子どもでも安全に受けることができます。また、エステと同じ効果があるので、美肌も手に入れることができます。