高麗人参服用の結果、蕁麻疹が出るのか、治るのか

高麗人参服用の結果、蕁麻疹が出るのか、治るのか

高麗人参、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。ウコギ科の多年草のことです。オタネニンジン、朝鮮人参などとも呼ばれる中国から朝鮮半島が原産の植物です。日本でも古くから医療場面でその効果が認められ様々な場面で用いられていた植物。近年では、美容場面や健康食品などに用いられることも多く、耳にすることも多いかと思います。ちなみに、スーパーで並び家庭でも見かけることの多いオレンジ色のニンジンはセリ科の植物であるため、直接の関係はななく近類種でもないとのこと。その効果はいくつか挙げられています。その大きな効果としては、糖尿病や動脈硬化、滋養強壮などがあります。また、血圧を上げる効果があるため、低血圧への効果は認められますが、高血圧の方には向かないとされています。血液の循環を良くし、胃腸の作用を助け、心を落ち着かせるなど古くから万能の薬草とも考えられていたようです。妊娠中の女性の場合、母体と胎児への影響を考えて服薬できない薬草や薬が多くあります。しかし、自然でとれた天然物の高麗人参は古くから妊娠中に飲む薬であると言われる程安心して使うことのできる薬草なのです。服用の仕方としては、お湯に煎じて飲むのが昔ながらの飲み方です。


ここまで、どれだけ素晴らしい薬草なのか、どんな効果が期待できるのかなど良い側面ばかりを述べてきましたが、やはり避けて通ることのできない副作用のお話があります。高麗人参に関わらず、どのような食物、植物にも言えることですが体に合わない人というのは存在します。例えば、蕁麻疹がひどく通院した病院で高麗人参を勧められて服用した結果、その効果が表れて蕁麻疹は治ったという話は耳にすることがあるかと思います。この場合であれば、服用したおかげで治って良かったという感動の話になります。しかし、蕁麻疹への効果を期待したのではなく低血圧や糖尿病、動脈硬化など他の疾患で通院した病院からその効果を期待して勧められて服用した結果、蕁麻疹に悩まされるようになったということもあります。何を申し上げたいかと言いますと、どんなに素晴らしい物でも絶対に健康になるとは言い切れないのだと言うことです。前者であれば何も問題はありません。しかし後者であれば、1つが解決されても他の問題が現れています。副作用を恐れて服薬をしないということを勧めているのではありません。まれにこのようなこともありますが、効果の期待できる薬草であることは間違いありませんので絶対の効果を期待するのではなく、健康な生活をしたうえでプラスアルファとして服用していくことが効果をアップさせていくことにつながるでしょう。

屋形船ってどういうものですか

指宿温泉 宿泊

屋形船ってどういうものですか